attomaとは?
 MISの企業・法人向けショッピングカートシステムがattomaです。
 ホームページやネットショップを作成するASPサービスです。

 2006年に生まれ、アットいうマにホームページ作成 『アットマくん』の愛称で永らくご愛顧いただいておりました。
 
今回、HTML5版のリリースとともに、『アットマくん』から『attoma』へ名前もリニューアルし、より皆様に親しんでいただけるシステムを目指します。
アットマくん
custmyとの違い
 
操作など、基本のシステムは同じですが、
・機能フル装備
・電話サポート有り
・作成代行有り
など、より企業・法人のお客様が使いやすいサービス内容になっております。
料金詳細
 
システムご利用料
月々 ¥6,480(税込)
ホームページ一式作成
仕事内容 単価 消費税等 数量 金額
①システム設置 10,000 800 1(初期) 10,800
②デザイン・レイアウト作成 30,000 2,400 1(初期) 32,400
③サイトトップページ作成 10,000 800 1(初期) 10,800
④コンテンツページ作成(会社概要1ページ、+2ページ) 3,500 280 3(初期) 11,340
小計 65,340
システムご利用料(初月分)  6,000  480  1(1カ月) 6,480
小計 6,480
 
合計 71,820
(システム構成は、ご要望によります。上記は参考価格です)
ネットショップ作成
仕事内容 単価 消費税等 数量 金額
ホームページ一式作成
(ホームページ一式作成の表①~④)
      65,340
ショップ一式作成
(カテゴリー及び商品明細ページは代表サンプルを作成)
38,000 3,040 1(初期) 41,040
小計 106,340
システムご利用料(初月分) 6,000 480 1(1カ月) 6,480
小計 6,480
 
合計 112,860
(システム構成は、ご要望によります。上記は参考価格です)
追加作成
仕事内容 価格
コンテンツページ作成(1ページ) 3,780(税込) 
デザインテンプレート作成 32,400(税込)
データ領域増量 ご相談下さい

独自ドメイン取得・管理代行料金
 
ドメインとは、ホームページのURL 
(例) http://○○○.co.jpやhttp://□□□.com 
○○○.co.jp□□□.comの部分です。

ドメインは、同じものが二つあってはならないので、取得した独自ドメインは絶対に世界唯一のものです。

今やほとんどの企業が 社名を取り入れた独自ドメインを取得しています。
借り物のドメインより、グッと信用度の上がる 世界で一つだけの独自ドメインを取得されませんか?
 
ドメイン取得・管理代行
仕事内容 単価 消費税等 数量 金額
ドメイン取得手数料 20,000 1,600 1(初期) 21,600
ドメイン管理
(取得ドメインにより料金が異なります)
5,000~10,000 400~800 1(年間) 5,400~10,800
 
合計 27,000~32,400
お申込み・お問い合わせについて
 
ご利用規約
 

ホームページ運営サポートシステムレンタル関連業務に関する利用規約

明洋情報システム株式会社
お客様(以下甲という)は、 明洋情報システム株式会社 (以下乙という)に本規約第2条に定めるホームページ運営サポートシステム「attoma」(以下本システムという)の使用権を借り受けるにあたり、利用規約を以下の通り定めます。

第1条 規約の適用
本規約は、甲乙間に生じる全ての関係に適用されるものとします。

第2条 業務の内容と定義
甲が乙から借り受ける内容は、次の通りです。
本システムのレンタル及び、Webサーバの領域(システム利用に伴う編集用領域)のレンタル(以下業務という)。
本システムの範囲は、「attoma利用申込書」または「attoma見積り兼注文書」(以下申込書という)に記載します。
但し、ホームページの文言・写真変更等の通常メンテナンス業務、及びその業務に係るデータの保守は、甲が行うこととします。

第3条 業務内容・規約・料金の変更
乙は甲に承諾を得ることなく、業務内容、規約、料金に関して変更を行うことができます。なお、料金については、次回契約更新時から有効とします。契約更新は、1ヶ年単位とします。

第4条 業務の範囲
業務範囲は、第2条の業務及びそれに付帯する業務としますが、業務範囲外とみなされる事由が発生した場合は、別途打合せをし、乙が甲に作業費用の見積書を提出致します。

第5条 契約の開始・期間
甲が申込みをし、申込書に記入・捺印の上、弊社へ提出後、5営業日後を利用開始とし、この日を契約開始日とします。但し、契約開始日は甲乙合意の上で変更できることとします。
契約期間は、1ヶ月を最短期間とし、契約日から次に到来する20日をもって1ヶ月とします。

第6条 業務に対する対価
業務に対する対価は、別途見積書で取り決めます。

第7条 利用料金の支払
乙は、本契約の対価を初期費用及び契約初月分は、甲に対して20日締めで請求書を発行し、甲は乙の請求に基づき、請求書発行日から30日以内に銀行振込で支払います。また、金融機関に支払う振込手数料他の費用は甲の負担とします。その後の支払いは、口座振替とします。但し、甲乙合意の上で変更できることとします。


第8条 契約の拒否
甲の申込時、乙が以下のいずれかに該当することが判明した場合、乙はその申込を拒絶し、または取り消すことができます。

1. 甲が乙に対して虚偽の内容を申告した場合
2. 甲が申込をした時点で、本規約の違反が判明した場合
3. 甲が申込をした時点で、甲が現在利用する弊社各業務への利用料金滞納や、違反があった場合
4. 申込内容が明らかに不適切であると乙が判断した場合
5. その他、甲が業務を利用することにより、乙の業務提供に重大な支障をきたすと判断した場合

第9条 契約の更新・解除
以下の通り、契約の更新・解除について定めます。

1. 甲からの解約の連絡が無く、乙が指定した期日までに甲が利用料金を支払い、乙がその入金を確認した時点で契約更新の手続きを完了とします。

2. 乙が指定した期日に契約更新分の利用料金の入金が確認できない場合、乙は甲に利用継続の意思がないものと判断し、契約終了することとします。この時、乙は甲に対し契約終了を書面にて通知することとします。

3. 甲は業務を解約する場合、乙に対してその旨を書面で末日までに通知することとし、乙は受領後に確認のメールを甲に対して送ることとします。翌末日を契約の満了日としますが、残り契約期間分の返金は一切行いません。

第10条 守秘義務
以下の通り、守秘義務について定めます。

1. 乙は、業務の保守作業上必要な場合、または甲からの依頼等特に必要がある場合を除き、甲のWebサーバへログインし、情報を入手しないこととします。

2. 業務の内容及び業務遂行に伴い乙が知りえた一切の情報、知識については、本契約の有効期間中は勿論、その終了後といえども、事由の如何に関わらず他に漏洩しないと共に、業務遂行以外の目的には一切使用しないものとします。但し、公知となったもの、甲が事前に承諾したもの、刑事訴訟法第218条他同法の定めに基づく強制の処分が行われた場合には、当該処分が求める範囲で、特定電気通信役務提供者の損害賠償責任の制限及び発信者情報の開示に関する第4条(発信者情報の開示請求等)に基づく開示請求の要求が満たされた場合も、当該開示請求が求める範囲で第三者に開示できることとします。

第11条 権利の譲渡
甲は、乙に承認された場合を除いて、以下の行為はできないものとします。

1. 業務の一部または全部を第三者に請け負わせる行為
2. 甲として有する権利を第三者に譲渡・売買・名義変更・質権の設定等担保とする行為

第12条 強制解約
甲において、本規約の条項に違背し、又は不信の行為がある時は、何時でも乙は、催告を要することなく本契約を解約できます。なお乙の損害賠償の請求を妨げないものとします。

第13条 禁止事項
甲は不特定多数に対し有償、無償に関らず、以下の行為を一切禁止とします。乙は理由の如何に関わらず甲に対する業務の提供をただちに中止します。また、規約違反により乙に損害を与えた場合には乙が甲に対し損害賠償請求することができます。また、業務の提供を中止したことにより甲に生じた損害等については、乙は一切責任を負わないこととします。

1. ディスクスペース・リソースの再販。
2. 風俗・アダルト・出会い系コンテンツに関係するサイトの公開
3. 動画・音声ファイル・大容量ファイルの公開及び配信等。
4. ツーショット・個室系チャット
5. 非会員に対するメールの大量送信
6. その他、禁止事項に抵触するサイト及び行為等
7. 甲が乙に対して虚偽の申告をした場合
8. 甲が本規約に違反する行為を行った場合
9. 本規約第6,7条に定める通り料金の支払いが無い場合
10. 甲が違法、又は明らかに公序良俗に反する内容で業務を利用した場合
11. その他乙が甲の業務の利用について不適切と判断した場合

第14条 業務の停止
以下の場合、乙の合理的な判断に基づき甲に事前通知することなく、業務の運用の全部または一部を停止できることとします。

1. 天災事変、その他の乙の過失に基づかない事由が発生し、電気通信事業法第8条に定める処置を取る場合。
2. 上記の法律上の要請如何に関わらず、天災事変、その他の乙の過失に基づかない事由が発生し、もしくは発生する恐れがある場合。
3. 乙の過失に基づかない電気通信設備の保守上、又は工事上やむを得ない事由、障害他やむを得ない事由が発生した場合
4. その他、乙の故意・重過失に関わらず、乙が業務の停止をやむを得ないと判断した場合。


第15条 情報の削除
以下の場合、乙の合理的な判断に基づき甲に事前通知なく、情報の削除ができます。

1. 掲載内容が本規約第13条に定める内容に該当すると乙が判断した場合。
2. 甲によって登録された情報量が所定の容量をオーバーした時。
3. 乙が、法律上・社会通念上、掲載情報を削除する必要があると判断した場合。
4. その他、乙の故意・重過失に関わらず、乙が業務の停止をやむを得ないと判断した場合。

第16条 変更の届出
甲は、申し込み時に申告した内容に変更があった場合は、直ちに書面で乙に連絡を行うこととします。

第17条 サーバ領域のデータの保守
甲は、サーバ領域内のデータを本システムのバックアップ作業にて定期的に保存することとします。サーバの不慮の事故や甲の要請により乙は、甲より提供されるバックアップデータをサーバ内に復元を行うことがあります。この場合は、別途見積による有償作業とします。

第18条 本システム外のオプション
本システム外のオプションとは、BlogやBBS等をいいます。これらは、甲の要請を受け、乙が独立した別システムをライセンス購入してセットします。乙は、サイト全体に違和感なくデザイン等の調整をします。本システム外のオプション分のシステム及びデータの管理は、甲の担当とします。

第19条 免責事項
乙は業務運用には細心の注意を払うこととします。但し、以下の点について免責とします。
1. 掲示された情報が、全てが常に最新で、全て正しく、全て安全で、全て有用であること。
2. 業務の利用によって起こった一切の損害
3. 予告なしにサーバの停止、情報の変更、提供の中断を行うこと。またそれによって生じたいかなる損害。
第20条 Webサイトの宣伝
乙は甲のサイト内に1ページのリンク集を作成します。これは、甲のサイトを宣伝する目的とSEOの一環として乙が実施、作成します。また乙の管理するサイトや宣伝物に甲のサイトを掲載(紹介)すること及び、乙が甲のサイトを紹介する際に本システムを紹介することを乙は承認します。

 

 

第21条 第4条業務の範囲補足
本システムの範囲外の規定は第4条で取り決めています。本システムに併設のお店(ショップ)が、最大掲載件数500件を超える場合と決済条件が増える(クレジットカード決済やコンビニ決済等)、または甲の要望でシステムの改変が必要と乙が判断した場合は、本システムに別途セット可能なシステム(エビスくん)に移行するものとします。移行及びレンタル料金は別途打合せをし、乙が甲に費用の見積書を提出致します。

第22条 本規約の閲覧
本規約は、attomaの編集画面にいつでも甲が閲覧できるようにPDF形式で設置します。

附則1
・ 本規約は2008年5月21日より実施します。
・ 2009年5月1日一部改訂。


お申し込みの前にご一読下さい。
 
来社いただける場合
弊社までお越しいただき、お申込用紙にご記入いただきます。
あらかじめお電話でご予約ください。TEL 06-6618-5000

弊社へのアクセスは会社概要のページをご覧ください。

 
来社いただけない場合
サイト下部『お問い合わせ』からご連絡くださいませ。
お電話、FAXでも受け付けております。
TEL 06-6618-5000
FAX 06-6618-5010

 
Copyright 2001 - 2017 Meiyo Information System. All rights reserved v7.1.2

▲ページトップへ